ホワイトニングの仕組みと方法

歯の黄ばみは、人前で話すときに相手に与える印象は少なからず良い印象を与えることは期待できません。人前で話す仕事をする方は、特に身だしなみを気にしますが、歯の色は歯磨きでは変わらないため、悩まれている人も少なくありません。

従来歯を白くするためには、歯を収縮して分からなくする方法が一般的でした。けれども、この方法は歯に対して極めて負荷をかけるため、歯に物理的な加工を加えずに歯を白くする方法が、経済的負担も少ないため一般的になっています。ホワイトニングには様々な手法がありますが、現在パワーホワイトニングが最も注目されている方法です。それは30分程度の施術時間で、一度の通院で作業が完了するためです。副作用や施術時間が短くすむため人気です。

ホワイトニングの流れですが、まずは歯のチェックをします。虫歯の有無、歯の表面の状態や色、神経の有無を確認し、ホワイトニングの効果がどの程度期待できるかを判定します。チェック後、患者様の要望と期待できる効果、施術方法等について説明します。合意が取れたら施術開始です。ホワイトニングの効果を引き出すため、歯の表面の付着物を除去します。次にプラズマアークライトと専用の薬剤を歯の表面に塗布してパワーホワイトニングを行います。薬剤処理が終わったら、歯をフッ素処理と同時に研磨します。最後にホワイトニング効果を確認します。

About the Author

運営者

View Posts →