ホワイトニングの目的

芸能人は歯が命などと言われたこともありますが、人前での仕事では歯の色が与える印象は意外と大きいものです。>歯の白さは心理学的にも若さや知性、清潔感等を印象づけると言われています歯を白くするためにホワイトニングが選ばれる理由は、歯を削らないことです。何か被せ物を使用したりすることなく、歯の表面に薬剤を添付する方法であるため、自らの歯を削る必要がなく、白い歯を手に入れることができます。また、自分の歯を削ったり、抜いたりすることがないため、歯や心理的な負担が小さいです。また、ホワイトニングで使用する薬剤の主要成分である過酸化水素は、米食品当局で安全が保障されており、安心して施術を受けることができます。

施術の回数や期間によって、ある程度希望の白度に調整することができます。仕上がりについては本人の希望で決められるため施術期間を調節することができます。治療期間は、初期状態や着色の原因、どこまで白い歯にするかなどによって変わります。物理的に歯に対して加工を施す、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの治療と比較すると、治療費を抑えることができるのもメリットです。

気軽に歯を白くすることができるホワイトニング。歯の色が気になり、人前で歯を見せることに抵抗がある人にとって、そういった精神的ストレスは耐え難いものになるでしょう。こうしたストレスから解放されることを考えるとホワイトニングは効果的な方法の一つです。

About the Author

運営者

View Posts →