ホワイトニングに関する質問

ホワイトニングは歯の表面とは言え、口腔内に薬剤を塗布してライトを照射して施術を行うため、安全性について気になります。アメリカでは約20年前から実施されており、日本やアメリカの大学をはじめ各国の大学の研究でも、安全性が確立されています。歯を軟化させるような、ダメージを与えることなく安全に白くすることが出来ます。

家で行うホームホワイトニング剤は、通常10%程度の過酸化尿素が用いられます。当該薬剤の安全性は米当局をはじめ、世界中で安全性が認められています。これまでホームホワイトニングはアメリカで数千万の人たちが経験していますが、事故報告は1件もありません。歯科医院で行うオフィスホワイトニングは若干注意が必要です。自宅で行うホームホワイトニングと比較すると、数倍の濃度の薬剤を使用し、さらに薬剤を活性化させるために強力な熱を用いる場合があります。ただし、オフィスホワイトニングはクリニックの専門家が実施するため安心して施術を受けることができます大阪でホワイトニング施術を行っている美容歯科では、それぞれのホワイトニング治療について症例や比較を掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

次に治療後の痛みについてです。知覚過敏で痛みが発生する場合がありますが、多くは一時的なものです。痛みが長時間持続する場合は歯髄炎の可能性があります。原因として考えられるのは、レーザー等のマシーンを使用した場合で、もう一つは歯に亀裂があり、そこに薬剤がしみこんだ場合などが考えられます。我慢し、個人で判断しないで、治療を受けた歯科医院で検査してもらうようにしてください。

ホワイトニングの仕組みと方法

歯の黄ばみは、人前で話すときに相手に与える印象は少なからず良い印象を与えることは期待できません。人前で話す仕事をする方は、特に身だしなみを気にしますが、歯の色は歯磨きでは変わらないため、悩まれている人も少なくありません。

従来歯を白くするためには、歯を収縮して分からなくする方法が一般的でした。けれども、この方法は歯に対して極めて負荷をかけるため、歯に物理的な加工を加えずに歯を白くする方法が、経済的負担も少ないため一般的になっています。ホワイトニングには様々な手法がありますが、現在パワーホワイトニングが最も注目されている方法です。それは30分程度の施術時間で、一度の通院で作業が完了するためです。副作用や施術時間が短くすむため人気です。

ホワイトニングの流れですが、まずは歯のチェックをします。虫歯の有無、歯の表面の状態や色、神経の有無を確認し、ホワイトニングの効果がどの程度期待できるかを判定します。チェック後、患者様の要望と期待できる効果、施術方法等について説明します。合意が取れたら施術開始です。ホワイトニングの効果を引き出すため、歯の表面の付着物を除去します。次にプラズマアークライトと専用の薬剤を歯の表面に塗布してパワーホワイトニングを行います。薬剤処理が終わったら、歯をフッ素処理と同時に研磨します。最後にホワイトニング効果を確認します。

ホワイトニングの目的

芸能人は歯が命などと言われたこともありますが、人前での仕事では歯の色が与える印象は意外と大きいものです。>歯の白さは心理学的にも若さや知性、清潔感等を印象づけると言われています歯を白くするためにホワイトニングが選ばれる理由は、歯を削らないことです。何か被せ物を使用したりすることなく、歯の表面に薬剤を添付する方法であるため、自らの歯を削る必要がなく、白い歯を手に入れることができます。また、自分の歯を削ったり、抜いたりすることがないため、歯や心理的な負担が小さいです。また、ホワイトニングで使用する薬剤の主要成分である過酸化水素は、米食品当局で安全が保障されており、安心して施術を受けることができます。

施術の回数や期間によって、ある程度希望の白度に調整することができます。仕上がりについては本人の希望で決められるため施術期間を調節することができます。治療期間は、初期状態や着色の原因、どこまで白い歯にするかなどによって変わります。物理的に歯に対して加工を施す、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの治療と比較すると、治療費を抑えることができるのもメリットです。

気軽に歯を白くすることができるホワイトニング。歯の色が気になり、人前で歯を見せることに抵抗がある人にとって、そういった精神的ストレスは耐え難いものになるでしょう。こうしたストレスから解放されることを考えるとホワイトニングは効果的な方法の一つです。